決算・法人税申告お急ぎサービス

お気軽にお問合せください 【電話】080-5872-2009 受付時間:9:00〜17:00

コラム

コラム一覧

法人に係る利子割及び法人税割額からの利子割額控除の廃止について (2016.5.30)
法人に係る利子割及び法人税割額からの利子割額控除の廃止について解説します。
今後も超過課税の実施を延長する旨のお知らせを神奈川県が発表しました。 (2016.1.12)
今後も超過課税の実施を延長する旨のお知らせを神奈川県が発表しました。...
減価償却資産の取得価額に含めないことができる付随費用 (2015.11.27)
不法居住者がいることを前提として建物を取得(売買価額もこれらの条件を考慮して決定されるのが通例と思います。)したものと判断できますので、裁判費用等は、建物の取得価額に算入することになります。...
輸出物品販売場における輸出免税について (2015.10.01)
輸出物品販売場(免税店)を経営する事業者が外国人旅行者などの非居住者に対して通常生活の用に供する物品(注1)を一定の方法で販売する場合には、消費税が免除されます。...
損益分岐点 (2015.5.27)
1.損益分岐点とは?収益の額と費用の額が等しくなる点をいいます。2.現状の売上高は、損益分岐点の売上高より大きいですか?現状の売上高が損益分岐点より大きく上回っているほど、経営は安全といえます。...
法人成りをした時に提出すべき書類について (2014.12.11)
個人事業主が会社を設立して、法人成りをしたとき、必要に応じて、下記の書類の提出が必要になります。個人事業の廃業に関する届出(税務署)(1)個人事業の開廃業等届出書・・・1月以内(2)所得税の青色申告の取りやめ届出書・・・翌年3月15日まで...
生産性向上設備促進税制の創設 (2014.8.28)
青色申告書を提出する法人が、平成26年1月20日から平成29年3月31日までの間に、生産等設備を構成する機械装置、工具、器具備品、建物、建物附属設備、構築物及びソフトウエアで、同法に規定する生産性向上設備等に該当するもののうち...
法人景気予測調査結果について (2014.7.30)
財務省の財務総合政策研究所が6月11日に「第41回法人企業景気予測調査(平成26年4-6月期調査)を発表しました。(財務省HPより)平成26年5月15日に資本金、出資金又は基金(以下「資本金」という。)1千万円以上の法人を対象とした...
消費税率の適用税率について (2014.6.2)
消費税率が現行の5%から平成26年4月1日に8%、平成27年10月1日に10%に引き上げられることとなりました。消費税の税率は、その取引が成立した時期、すなわち、資産の譲渡等を行った時がいつかによって判定することに...
領収書について (2014.4.15)
確定申告の提出をして、平成25年分の申告書の控えや書類が手元に整理されずに残っている方も多いと思います。これらの申告書控え、収入金額や必要経費を記載した帳簿のほか、取引に伴って作成した帳簿や受け取った...
経営安定資金について (2013.12.3)
神奈川県中小企業制度融資をいくつか紹介します。売上高が減少している場合…景気対策特別融資(一般枠)(1)対象者 最近3か月又は6か月の売上高又は売上総利益額(粗利益)の合計が、直近3年のいずれかの年の同期と比べ...
消費税率等引き上げに伴う政府の取組について (2013.10.2)
平成26年4月1日と平成27年10月1日に消費税率等の引上げが予定されています。それに伴い、消費税の円滑かつ適正な転嫁を確保するため、措置法が成立しており、平成25年10月1日から施行され...
所得拡大促進税制について (2013.9.3)
平成25年度の税制改正で創設されたもので、個人の所得水準を底上げする観点から、給与等支給額を増加させた場合、その支給増加額について、10%の税額控除を認めるというものです。平成25年4月1日から平成28年3月31日までの間に開始する...
法人企業統計調査結果について (2013.7.29)
財務省が平成25年6月3日に平成25年1〜3月期の企業統計調査結果を発表しました。この調査は、無作為抽出による標本調査だそうです。(1)売上高と利益の動向(金融業、保険業を除く) (1)売上高 製造業では、化学、金属製品など...
補助金のお知らせ (2013.5.30)
関東経済産業局や中小企業庁のHPに掲載されていました補助金を紹介します。(1)地域需要創造型起業・創業促進補助金地域の需要や雇用を支える事業を興す起業・創業や既に事業を営んでいる中小企業・小規模事業者において...
生産等設備投資促進税制の創設について (2013.4.26)
平成25年度税制改正により、生産等設備投資促進税制が創設されました。その概要は次のとおりです。国内設備投資需要をから、国内設備投資を増加させた法人が新たに国内で取得等した機械・装置について、30%の特別償却又は3%の税額...


▲ページのTOPへ